plantelEX

プランテルとプランテルEXの違いを完全解説!選ぶべき育毛剤はどっち?

更新日:

育毛剤の進化は日進月歩。次々と新しい育毛剤が誕生するとともに、既存の育毛剤もリニューアルを繰り返しています。

通常、育毛剤はリニューアルすると旧製品は販売されなくなるもの。

しかし、リニューアル版が出たのになぜか旧製品もそのまま販売しているという育毛剤が1つだけあります。

それがプランテルとプランテルEXです。

\独自成分のスゴさは↓↓↓/

プランテルEXの公式サイト ⇒

プランテルとプランテルEXは違う育毛剤

育毛剤がリニューアルしたとき、普通はその育毛剤の顔ともいうべき主成分はそのまま残され、補助的な成分が付け足されていきます。

ところが、プランテルEXはその主成分として、プランテルには配合されていなかった成分を採用。これにより、プランテルとプランテルEXはまったく違う育毛剤になりました。

そこでこれから、プランテルとプランテルEXの様々な部分を比較してみようと思います。

まずは基本情報から。

プランテル プランテルEX
総成分数 18種類 63種類
内容量 150ml 50ml

成分は3倍以上になったのに内容量は1/3に。つまり成分がぎゅっと詰まったのがプランテルEXだといえそうです。

プランテルとプランテルEXの値段を比較

では次に、プランテルとプランテルEXの値段を比較してみます。

プランテル プランテルEX
単品価格 8,200円+送料640円 13,800円+送料640円
定期お届けコース 6,980円 9,700円
3本セット定期お届けコース 19,350円
(1本あたり6,450円)
24,600円
(1本あたり8,200円)

プランテルは1本約50日分、プランテルEXは1本約30日分。

1本あたりの値段が最も安い3本セットの定期コースを利用したとして、プランテルは1日分129円、プランテルEXは1日分273円と倍以上の値段となっています。

これだけ値段が高くなった原因は主にリデンシルにあります。

リデンシルはスイスのインデュケム社(現在はギヴァウダン社が買収)が開発した成分で、スイスからの輸入に頼っているために割高になるのですね。

ただ、コスパという点から考えるとこの価格設定は高いとは言えません。

プランテルとプランテルEXの成分を比較

次に、育毛剤で最も重要な成分の比較です。

プランテル プランテルEX
総成分数 18種類 63種類
主成分 明確にはなし リデンシル
有効成分 センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
セファランチン
センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
ジフェンヒドラミン塩酸塩
AGAブロック ヒオウギエキス ペブプロミンα
アミノ酸 配合なし 16種類

両者の違いについて全て説明するのは煩雑なので、重要な部分の違いだけピックアップしてみます。

次世代育毛成分リデンシルを配合

プランテルとプランテルEXがまったく違う育毛剤になったのは、プランテルEXにリデンシルが採用されたからです。

リデンシルはセイヨウアカマツから抽出したDHQG(ジヒドロケルセチングルコシド)と、茶葉から抽出したESCG2(没食子酸エピガロカテキングルコシド)という2つの成分を調合したものです。

頭皮環境に働きかけるESCG2

まず、ESCG2は茶葉に含まれるポリフェノール、カテキンの一種です。

インデュケム社が行った臨床試験によれば、ESCG2にはIL-8(インターロイキン-8)を抑制するといいます。

IL-8は炎症を発生させるサイトカイン(情報伝達物質)です。IL-8はIL-1βにより誘発されます。

「IL-1β処理」となっているのは故意にIL-1βを与えてIL-8を発生させたもの。

そこにESCG2を加えると、IL-8が21%減少しました。

つまり、ESCG2はIL-8を抑制することで炎症をおさえ、頭皮環境を正常に保つと考えられます。

育毛機能に働きかけるDHQG

インデュケム社によると、DHQGは毛乳頭と毛包幹細胞を活性化させるようです。

毛乳頭は毛包の底にあって血管が通り、髪を作るのに必要な栄養などを受け取って毛母細胞に提供しているとともに、ヘアサイクルのコントロールをしています。

この図でバルジ幹細胞となっているのは毛包幹細胞のこと。毛包幹細胞は、ヘアサイクルの休止期に毛包の底に降りて、新しい毛母細胞になる細胞です。

わかりやすく言うと、DHQGは毛母細胞と毛包幹細胞を刺激することにより、毛母細胞の新生を促進させ、休止期から成長期への移行をうながす=髪が育ちやすくなるということだと思われます

リデンシルは、このDHQGの働きによって育毛機能そのものへ働きかけるというのが従来の育毛成分と比べて先進的なのです。

有効成分の1つが入れ替わっている

有効成分は、医薬成分の中でも医薬部外品に配合することを厚生労働省が認めている成分のことです。

センブリエキスとグリチルリチン酸ジカリウムはプランテル、プランテルEXともに使われています。

しかし、プランテルEXにはプランテルに入っていたセファランチンは使われていません。

プランテルのサイトではセファランチンは「毛生促進」成分であるとされています。

セファランチンは現在放射線障害や円形脱毛症の治療などに用いられています。

ところが、2010年に日本皮膚科学会はAGAに対してはその効果は根拠がないという評価を出しました。

プランテルEXはそれを意識したのかどうか、セファランチンのかわりに炎症によるかゆみを抑制するジフェンヒドラミン塩酸塩を採用しました。

独自比率の新成分ペブプロミンα

プランテルEXに配合されたもう一つの新成分が、独自に開発されたペブプロミンαです。

ペブプロミンαは、ボタンエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスを独自比率で調合したもの

実はボタンエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスは、プランテルにもそれぞれ配合されています。

では、それぞれ単体で配合されていたのとペブプロミンαではどう違うのか?

漢方薬には、使っている生薬はほぼ同じでも、比率が違うと効果が違う薬になるものがあります。

それと同様、こうした成分も比率が違うと働きも変化します。

ペブプロミンαは、三種類の成分を最もAGAをブロックする効果を発揮する比率で調合したものだといいます。

育毛剤最多級の16種類のアミノ酸

プランテルEXには16種類のアミノ酸が配合されています。プランテルにはアミノ酸は配合されていません。

髪の毛はケラチンというタンパク質で作られており、その材料がアミノ酸です。

10種類以上のアミノ酸が配合されている育毛剤は他にもありますが、16種類ものアミノ酸の配合しているのは、育毛剤の中でもトップレベルの数です。

リデンシルによる育毛機能活性化に加えて髪の栄養となるアミノ酸が16種類配合されているプランテルEXは、髪を育てるための機能が非常に高いと考えられます。

\独自成分のスゴさは↓↓↓/

プランテルEXの公式サイト ⇒

プランテルとプランテルEXのコンセプト

こうして成分を比較してみると、プランテルとプランテルEXのコンセプトの違いがはっきりします。

プランテルは、発売当時から「M字対策」というコンセプトを打ち出していました。

しかし、実際のところその内容は他の育毛剤が打ち出していたAGA対策とそう変わりません。内容的には他と同じものを、「M字」特化とアピールすることで、他とは違うように見せかけていただけです。

一方、プランテルEXはそんなごまかしはせず、正面から薄毛対策をアピールしています。

「M字」特化というちょっと疑問を覚えるコンセプトのプランテルに対し、AGAを含む薄毛全般に対応するというのがプランテルEXのコンセプトだと言っていいと思います。

これは、リデンシルと独自成分のペブプロミンαが配合されたことによる自信によるものではないかと推測します。

内容的に乏しかったプランテルに対し、プランテルEXは育毛サポート力が強いリデンシルを高濃度で配合。そしてAGA対策に独自のチューニングをされたペブプロミンαを加えて、抜け毛と育毛双方に強い育毛剤になりました。

プランテルとプランテルEXの返金保証

プランテルの全成分は18種類で150ml。プランテルEXは63種類で50ml。プランテルEXのほうがかなり濃厚であるのがわかります。

プランテルEXは、もちろん安全性を重視し、防腐剤や合成着色料など頭皮への負担となる余計な成分は入っていません。

ただ、成分が濃厚になったことによって、肌が敏感な人に過敏な反応による炎症が起こったり、アレルギー体質の人に植物エキスのどれかがアレルギー反応を起こすという可能性が考えられます。

もしプランテルEXを使ったことで、かゆみ、腫れ、炎症などが発生したら、速やかに使用をやめてください。

プランテルEXが肌に合わなかったときは、全額返金保証を利用できます。

全額返金保証の利用条件は、

全額返金保証の利用条件

  • 定期コースであること
  • 商品受取後30日以内に申し込むこと
  • 初回購入であること
  • 事前に電話連絡を入れた後商品ボトルを返品すること

などです。

同じ会社が販売しているものですから、プランテルもプランテルEXも返金保証の条件は同じになっています。

プランテルとプランテルEX選ぶべきは?

さて、ここまで比較してきて、プランテルとプランテルEXは同じ名前を持ちながら違う育毛剤であることがわかってもらえたのではないでしょうか?

まったく別個の育毛剤として考えた場合、プランテルEXのほうがはるかに能力値が高いです。

それに、プランテルEXには、プロビタミンB5(パンテーン)と日本皮膚科学会によりAGAへの効果が否定されたセファランチン以外、プランテルに配合されていた全ての育毛成分が配合されています。

2009年に発売され、現在ではいささか時代遅れになってしまったプランテルと、先進育毛成分のリデンシルを配合したプランテルEX。あえてプランテルを選ぶというのも止めはしませんけれど、はっきりおすすめできるのはやはりプランテルEXのほうです

いずれ販売が停止される可能性が高いプランテルに対し、プランテルEXはこれからさらに注目されていく育毛剤だと思います。

ただ、機能が比べ物にならないぐらいアップしたプランテルEXといえども、1ヶ月や2ヶ月の短期間で効果が出るわけではありません。

長期間じっくり腰を据えて薄毛対策、育毛対策に取り組むには、価格的に割安になる定期お届けコースをおすすめします。

\独自成分のスゴさは↓↓↓/

プランテルEXの公式サイト ⇒

-plantelEX

Copyright© プランテルEXは効かないの?口コミや自身の体験から考察していくブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.